DMM.make AKIBAのビジネスメディア「FACT」

DMM.make AKIBAの事実を伝えるメディア「FACT」を始めます

DMM.make AKIBA 10F Studio

東京・秋葉原にあるハードウェア・コワーキングスペース「DMM.make AKIBA(以下、AKIBA)」。

さまざまなメディアを通じて、ものづくり関連のスタートアップが利用する施設として紹介されることも少なくありませんが、それは本当の姿ではありません。

スタートアップ以外にも学生や趣味で利用するホビイスト、そして企業の新規事業部門や新製品の担当者、更にはVCなどの投資機関など、多種多様な人たちが日々訪れています。

また提供しているサービスも、コワーキングスペースとしての施設や機材利用だけでなく、イベントの企画や会場提供といった施設を活用したものや、企業の社員向け研修にアクセラレーション・プログラムなどAKIBAの知見やネットワークをいかしたものなど、ビジネスパーソンに向けたサービスを提供しています。

この「FACT」では、スタートアップのように急激な成長を目指すビジネスパーソンに役立つ情報を定期的にお届けしたいと思います。初回となる本稿では、昨年の11月で3周年を迎えたAKIBAの現状についてご紹介します。

これまで1万2000人が利用。100社以上のスタートアップが活動

AKIBAの数字

3年間にAKIBAを利用した人の数は1万2000人以上にものぼり、これまでにAKIBAで活動したスタートアップの数は100社を超えます。

VRヘッドマウントディスプレイのFOVEや新世代の家庭用ロボットを開発するGROOVE X、有名ブランドとのコラボも展開するスマートフットウェアorpheのnnfなど、さまざまな分野のスタートアップがAKIBAを利用し、最近では医療・ヘルスケア分野や教育分野のスタートアップの入居が増えています。

ちなみに施設見学に訪れた人は6500人以上。地方自治体や海外からの視察も数多く受け入れています。

仕事の合間に欠かせない飲み物といえばコーヒー。AKIBAではフロアごとにコーヒーサーバーを用意していますが、飲まれたコーヒーは3年間で約3万6900杯になります。

最も使われている機材は3Dプリンター、パンダ3.5頭分をプリント

機材利用ランキング

ハードウェア開発に必要な機材を豊富に揃えるAKIBA。試作開発や設計、本格的な検査機械までカバーしています。25人のテックスタッフ※が24時間365日常駐し、機材の利用サポートから開発や加工の受託にも対応しています。

※2018年1月現在

 

最も頻繁に使われているのは3Dプリンター。消費した樹脂の重さは352.8kgと、大人のパンダ3.5頭分に匹敵します。

最近では恒温・恒湿槽のような製品の耐久性を試験するような機材の利用頻度も増えていて、アイデアをプロトタイプにする段階から、量産する手前の段階まで開発が進んでいるスタートアップが増えているようです。

ミートアップにハッカソン、記者発表会まで、人が集う場所としてのAKIBA

さまざまなイベントの会場として使われることも少なくないAKIBA。3年間で開催されたイベントは519件。2日に1日は何かしらイベントがある計算になります。

最も多く開催されたのはミートアップ・交流会。毎月1回開催されるAKIBA主催のミートアップ「つながる交流会」だけでなく、さまざまな業種、職種のミートアップが開催されています。

その次に多いのはセミナーや勉強会、ワークショップ、ハンズオン、そして発表会・体験会です。

AKIBAではイベント会場の提供だけでなく、企画・運営からハッカソンやハンズオンのテクニカル・サポートまで対応しています。イベントによってはAKIBAにある機材や工具を活用したイベントもあり、歯ごたえのあるモノづくりも体験できますので、定期的にFacebookページをチェックしてください。

所属に関係なく、「急激な成長を目指す」人たちのプラットフォーム

先日開催した3周年記念イベントで、今後は量産コンサルティングを強化していくことを発表しました。これまでのアイデアから試作品を作るまでのフェーズの次を私たちはサポートしていく予定です。

また、スタートアップだけでなく、自社でIoTプロダクトやサービスの企画・開発ができる人材を育成する研修サービスや、スタートアップとの協業・コラボレーションを検討する企業向けのサービスなど、法人企業向けのサービスも展開していきます。最新の動向はFACTとTwitterやFacebookでお知らせしていきますので、是非チェックして下さい。

AKIBAの数字

DMM.make AKIBA「FACT」編集チーム

編集責任者…越智 岳人
ライター…淺野義弘、後藤銀河、小林由美(50音順)

                    お問い合わせはこちら
FACTの最新記事をリアルタイムでお届けします