DMM.make AKIBAのビジネスメディア「FACT」

ハードウェアスタートアップに関する投資情報ウォッチング(2019年2月~3月)

ここでは、DMM.make AKIBAがウォッチしている資金調達情報から、特にハードウェアスタートアップに関連した事案をピックアップして紹介する。

 

Icaria

尿検査による「無痛・高精度・早期」がん診断技術の実用化を目指すIcariaは2019年2月15日、総額数億円前半の資金を調達したと発表した。ANRIとJSTを引受先とする第三者割当増資と、NEDOからの助成金を合わせた資金調達となる。

Icariaは独自開発のデバイスで尿中に存在する「マイクロRNA」と呼ばれる生体分子を捕獲し、人工知能による分析でがんの診断することを目指す。
さらに研究を進め、2020年頃のがん診断のサービス実用化を予定しており、将来的には、1mLの尿から複数のがん種を診断できるサービスへと展開していきたいと考えいるという。

 

スペースリンク

エネルギーデバイスの開発を行うスペースリンクは2019年2月25日、第三者割当増資を実施し1.3億円を調達したことを発表した。引受先はリアルテックファンド、Drone Fund、加賀電子、および元デンソー専務取締役の加藤光治氏。今回の増資と併せ、累計資金調達額は9.5億円となる。

スペースリンクが宇宙向け技術開発で培った先端技術で開発した「グリーンキャパシタ」は、急速充電と大容量を両立した革新的エネルギーデバイスであり、極めて高い安全性と形状の自由度も兼ね備えているという。現行バージョンのグリーンキャパシタは2012年中の量産販売開始を目指しており、今回の資金調達によって量産開発を加速するとしている。

 

アロマビット

アロマビットは2019年3月4日、ソニーのコーポレートベンチャーキャピタルであるSony Innovation Fundならびに既存株主から総額2億5,000万円を上限とする第三者割当増資を実施したことを発表した

アロマビットは小型ニオイイメージングセンサーと同センサーを用いたサービスを企画・開発する企業。今回の資金調達を通じ、センサーの更なる高機能化や量産体制の整備、および新サービスの開発加速等に取り組むという。2019年内には特定の業界に特化した協業プログラムの発表を予定している。

 

ナイルワークス

農業用ドローンの開発に取り組むナイルワークスは2019年3月14日、総額約16億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はINCJ、住友化学、住友商事、クミアイ化学工業、未来創生2号ファンド、Drone Fund2号であり、これまでの累計資金調達額は約24億円となる。

ナイルワークスは「空からの精密農業」をビジョンに掲げ、センチメートル精度で完全自動飛行する農業用ドローンの開発および、専用カメラを用いた栽培管理サービスの事業化を推進している。現在は出資企業・ファンド等と協力しながら、2019年6月に量産化モデル第一弾を販売開始する準備を進めているという。

 

ワイズグローバルビジョン

海水淡水化装置などの水関連製品を展開するワイズグローバルビジョンは2019年3月25日、戸田建設とDarma Tech Labsを引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。出資額は非公表。

ワイズグローバルビジョンの主力製品である淡水化装置は工事用水の調達に関する課題を改善できることから、大手ゼネコンである戸田建設との協業が実現した。Darma Tech Labsはコンサルティングサポートサービス「Makers Boot Camp」などを通じ、迅速な生産ペースを確立するための支援を行うという。

 

イクシス

社会・産業インフラメンテナンスの点検ロボットを開発するイクシスは2019年3月27日、INCJから 6億円を上限とする出資を受けたことを発表した。さらに三菱商事、横浜キャピタル、Sony Innovation Fund、KSP5号投資事業有限責任組合も出資を決定しており、これまでの資金調達総額は約10億円となる。

イクシスのロボットは喫緊の社会課題である老朽化が進む社会インフラの安全なメンテナンスを実施するため、大手の道路・建設・鉄鋼業者などとの共同や受託で開発されている。今回の資金調達は、水平展開が可能なモデルの標準化を行い、自社製品としての量産販売を目指して行われたもの。今後は蓄積してきた点検データをもとに、AIやIoTを活用して分析・診断までのサポートを行う事業も展開していくという。

(取材・文:淺野義弘)

 

 

DMM.make AKIBA 企業向けサービスについて

DMM.make AKIBAでは企業とスタートアップをマッチングするイベントや、IoT時代を切り拓く人材を育成する研修プログラムを提供しています。

施設の見学や説明会も随時実施しています。まずはウェブサイトからお問い合わせください。

また、FACTの更新情報の他にもビジネスパーソンに有益なイベント情報などのご案内をメールマガジンで配信しています。ぜひご登録ください。

DMM.make AKIBAのウェブサイトはこちら

サービスの一覧及び資料はこちら

お問い合わせはこちら

                    お問い合わせはこちら
FACTの最新記事をリアルタイムでお届けします