DMM.make AKIBA 会員規約

第1条 総則

  • 会員は、株式会社DMM.com(以下「当社」といいます)が定める本会員規約(以下「本規約」といいます)、別途当社が定める「DMM.make AKIBA利用規約」(以下「利用規約」といいます)その他の規定・規則等(以下、総称して「関連諸規則」といいます)を遵守の上で「DMM.make AKIBA Base」、「DMM.make AKIBA Hub」および「DMM.make AKIBA Studio」(以下、総称して「当施設」といいます)を利用するものとします。
  • 当施設の目的は、「make(作る)」をテーマに、ものづくりの拠点としてのコミュニティー作りに寄与することとします。

第2条 会員

  • 当施設は会員制とし、別途当社がサービス内容、利用範囲および料金を定めたプラン(以下「会員プラン」といいます)に応じて当施設並びに施設内の設備および機器を利用することができます。
  • 会員は、会員プランを契約した「有料会員」(以下「有料会員」といいます)と毎月の月会費が発生せず、一日利用ドロップイン(一日限定での施設利用をいい、別途施設利用料がかかります。以下「ドロップイン」といいます)やスクール、ワークショップ参加が可能な「無料会員」(以下「無料会員)といいます)、特定のイベントのみに参加ができる「ゲスト」に分類されます。
  • 有料会員の契約期間は、各月の1日から末日までの月単位とし、第9条に規定する退会手続きが完了するまで自動更新されるものとします。

第3条 遵守事項

会員は当施設の利用にあたり、次の各号の事項を予め承諾し、遵守するものとします。

  • 他の会員と協調性をもって行動すること。
  • 当施設並びに施設内の設備および機器の利用につき、当社の定めるマニュアル等の記載を遵守すること。
  • 本規約、利用規約、関連諸規則、当社従業員の指示を遵守すること。

第4条 入会資格

当施設の入会資格を有する方は、次の項目を全て満たす方とします。

  • 個人、または法人で、本規約、利用規約および関連諸規則を承認、遵守する方。未成年の方が会員となるには、法定代理人の同意及び同意書が必要となりますので、別途当社にお問い合わせください。
  • 暴力団員、暴力団関係者、その他これに準ずる者等(以下「反社会的勢力」といいます)でない方。また、将来にわたりこれに該当しないことを自ら保証する方。
  • 入会の際、氏名、生年月日、住所、名称、所在地等が記載された本人確認書類を提示できる方。
  • 過去に当施設で除名処分となったことがない方(除名処分に該当する行為を行い、結果的に自ら退会した方を含む)、または当社が別途定める基準に応じて再度入会資格を認めた方。
  • その他、当社が入会を相応しいと判断した方。

第5条 入会

  • 入会申込み
    当施設を利用する方は、本規約および利用規約に同意し、当社が用意したDMM.make AKIBA 入会受付ページより会員プランの選択と必要事項を入力した上で入会申込みを行うものとします。
  • 試用期間
    有料会員にお申込みの場合、入会申込み後に試用期間が開始します。入会手続きを完了するためには、試用期間中に当社から送付する所在確認のためのはがきの提示、別途当社が定める「サービス案内」(以下「サービス案内」といいます)に規定された初期費用・月会費・諸料金等(以下、総称して「諸費用」といいます)のお支払いが必要となります。試用期間は、当社が別途指定した場合を除き、原則として2週間とします。試用期間内は会員に準じて、関連諸規則に基づき、当施設をご利用いただけます。
  • 最低利用期間
    サービス案内に特別に定めない限り、試用期間終了日から3ヶ月が経過する日の属する月の末日までを有料会員の最低利用期間とします。
  • マイページ
    当施設はサービスの一部を、当施設が設けたDMM.make AKIBA マイページ(以下「マイページ」といいます)にて提供します。会員は当社が定める本規約および利用規約に同意の上、入会手続きの際に登録されたメールアドレスおよびパスワードを使用することで、サービスを利用することができます。
  • 割引適用の除外
    過去に当施設の除名処分を受けた方が、当施設に再度入会を希望する場合、当社は除名理由により、諸費用の割引を適用しない場合があります。
  • 初回来館
    有料会員にお申込みの場合、初回来館時に、当社が指定する本人確認資料(運転免許証、パスポート、健康保険証、登記事項証明書等)をご持参ください。なお、初回来館時に会員の顔写真を撮影し、本人確認や再入会時の審査、サービスを提供する上での照合等に利用します。
  • 入会手続きの完了
    有料会員の入会手続きは、第1項、第2項および前項の手続きに加え、Web上でのクレジットカードの有効性確認および窓口での重要事項の説明と同意をもって完了します。

第6条 会員証

  • 入会手続きの完了後、有料会員に対し会員証を発行し、これを貸与します。
  • 会員証は本人のみが使用する事ができ、他人に貸与、譲渡することはできません。
  • 会員は会員証を携帯し、入退館時における警備員への提示と館内にあるICカードリーダーでの認証を経ることで当施設を利用することができます。
  • 退会等で会員資格を喪失したときは、速やかに当施設に来館して会員証を返還するものとし、やむをえず来館しての返還ができない場合は、会員の責任において当施設へ郵送等の手段を取り、必ず返還するものとします。
  • 会員証を紛失した場合は、速やかに当施設までご連絡いただくものとします。その場合、所定の手続きによって当該会員証を失効させ、サービス案内に定める再発行手数料をお支払いいただいたうえで新しい会員証を発行します。
  • 会員証の再発行後、紛失した会員証が見つかった場合は、当該会員証を速やかに当施設へご返還いただくものとします。

第7条 諸会費・諸料金

  • 会員プランおよび諸費用はサービス案内の定めによるものとします。諸費用の支払いはクレジットカードのみとし支払方法等の詳細はサービス案内でこれを定めます。
  • 会員はサービス案内で定められた月会費を前月25日に支払う事に同意するものとします。また、諸費用にかかる消費税は会員の負担とします。なお、消費税法の改正等により消費税率が変更される場合、適用日以降に該当する期間の諸費用に係る消費税について、前払金を含め法改正の内容に従い、会員は差額を負担するものとします。
  • 当施設に設置された従量課金制の複合機の印刷サービス(以下「従量課金サービス」といいます)を利用した場合、毎月末日に使用状況を集計し、翌月25日の月会費の支払いと合算してお支払いいただきます。なお、退会後で月会費のお支払いがなかった場合でも、従量課金サービスの料金はお支払いが必要となります。
  • 利用回数の有無にかかわらず、所定の退会手続きを完了した退会月迄は諸費用全額のお支払いが必要となります。なお、諸費用の一括払い・前払い契約期間中に退会した場合の返金については、当社が別途定める基準によるものとします。
  • 当社は当施設の運営上必要と判断した場合または経済情勢等の変動に応じて、会員プランの改廃もしくは諸費用の金額を変更することができ、当施設内への掲示等において告知するものとします。
  • 諸費用を滞納している会員に対しては、当施設のご利用をお断りするとともに、除名処分等を行うことがあります。この場合であっても、会員は未払い分の諸費用の支払い義務を免れないものとします。
  • 一旦お支払いいただいた諸費用は、法令の定めによる場合または当社が認める場合を除き、返還しません。

第8条 会員プランの追加・変更

  • 会員は、プラン変更開始希望月の前月10日(休館日の場合は前営業日)までに、当施設にて所定の手続きを完了することにより、プラン変更開始希望月の初日から会員プランを追加または変更(以下「プラン変更」といいます。)することができます。
  • 会員は、プラン変更開始希望月の前月20日(休館日の場合は前営業日)以降に当施設にて会員証を交換するものとします。
  • 会員がプラン変更開始希望月の前月20日(休館日の場合は前営業日)までに当施設にて所定のキャンセル手続きを完了していない場合、当社はプラン変更手続きが完了しているものとして取扱い、会員プランを自動変更いたします。
  • 会員は、未払いの諸費用がある場合、プラン変更ができません。
  • 月会費の年払いをご利用の会員は、プラン変更することができません。
  • 会員は、休会中プラン変更をすることができません。
  • 代理人による手続きまたは電話その他の方法による申し出は、受け付けられません。

第9条 退会

  • 会員は、退会希望月の10日(休館日の場合は前営業日)までに、マイページ又は当施設にて所定の手続きを完了することにより、退会希望月の末日で退会することができます。
  • 退会月の翌月以降、サービスの提供及び会費の請求は行いません。なお、会費以外の支払義務がある場合、退会月の翌月にお支払いいただきます。
  • 退会に伴う会費(年会費)の返還は一切行いません。
  • 会員は、未払いの諸費用がある場合、退会後も当該諸費用の支払い義務を負うものとします。
  • 会員は、退会希望月の20日(休館日の場合は前営業日)までに当施設の窓口に会員証を返却するものとします。会員が上記の期日までに会員証が返還しない場合には、退会手続きが完了しませんので、当施設の利用契約が自動継続いたします。
  • 会員証の返還後から退会月の末日までは窓口に連絡の上、会員プランの範囲内で当施設を利用することができます。
  • 代理人による手続きまたは電話その他の方法による申し出は、受け付けられません。ただし、会員証の返却については郵送でも行うことができます。

第10条 会員資格の譲渡、相続、貸与

会員は、如何なる場合も、その会員資格を第三者に譲渡・貸与または担保に供することはできません。また、相続の対象にもならないものとします。

第11条 休会

  • 会員本人の都合により長期にわたり当施設を利用できない場合、本人が休会開始希望月の前月10日(休館日の場合は前営業日)までにマイページまたは当施設にて所定の手続きを完了し、休会開始希望月の前月20日(休館日の場合は前営業日)までに会員証の返却を行うことにより休会することができます。
  • 休会会員は、休会中所定の休会月会費を支払わなければなりません。
  • 休会会員は、本人の申し出により月の途中でも随時復会することができます。ただし、休会月額会費の払い戻しはいたしません。また、復会月より所定の月会費(復会月については月会費を日割り計算した料金)をいただきます。
  • 代理人による手続きまたは電話その他の方法による申し出は、受け付けられません。ただし、会員証の返却については郵送でも行うことができます。
  • チーム会員プランは休会することができません。
  • 月会費の年払いをご利用の会員は、休会することができません。

第12条 諸手続き

  • 会員は、会員プランの停止を希望する場合、当社所定の手続きを完了しなければなりません。
  • 会員は入会手続きの際に登録した内容に変更があった場合、直ちに変更手続きを行わなくてはなりません。また、その後に変更があった場合も同様とします。
  • 当社が会員あてに郵便、マイページもしくはEメールで通知する場合、会員から届出のあった最新の住所、メールアドレスあてに行い、発送、表示または発信をもって効力を有するものとします。
  • 会員が連絡先の変更を怠り、またはマイページもしくはEメールの確認を怠ったことにより会員に損害が発生しても、当社は損害を賠償する責任を負わないものとします。

第13条 会員の除名等

会員が次のいずれかに該当した場合、当社は、会員の資格停止処分、除名処分等の必要な処分をなすことができます。また、除名処分を受けた会員は、その後当社の運営する全ての施設に立ち入ることができないものとします。但し、当社が別途定める基準に準じて立ち入りを認めた場合は除きます。

  • 本規約、利用規約、関連諸規則に違反したとき。
  • 当社の名誉、信用を毀損し、または当施設の秩序を乱したとき。
  • 諸会費の支払いを怠ったとき。
  • 当社または第三者の知的財産権その他の権利を侵害する等違法行為を行ったとき。
  • 入会に際して当社に虚偽の申告をしたとき。
  • 反社会的勢力であることが判明したとき。
  • 他の会員に対する迷惑行為、当施設の運営に支障を与えるような行為をしたとき。
  • 第19条に定める禁止事項に反する行為を行ったとき。
  • その他、当社が会員としてふさわしくないと判断したとき。

第14条 会員資格喪失

会員は次の場合に会員資格を喪失します。

  • 退会したとき。
  • 除名されたとき。
  • 死亡したとき。
  • 当社が当施設を閉業したとき。

第15条 無料会員・会員外利用者

  • 無料会員も当施設のうち「DMM.make AKIBA Base」または「DMM.make AKIBA Studio」の一部設備のみをドロップインでご利用いただくことができます。なお、この場合無料会員はサービス案内に従い、ドロップイン料金をお支払いいただきます。ご利用に関しては有料会員資格に基づく利用と同様の利用が可能です。(但し、混雑時は会員を優先させていただきます。)
  • 会員とはならずに当施設の利用を希望する者は、当社が当施設の利用を特に認めた場合に限り、別途当社が定める手続に従い、当施設を利用することができます(会員とはならずに当施設を利用する者を、以下「会員外利用者」といいます)。
  • 無料会員および会員外利用者は、本規約に基づき会員が負う義務と同様の義務を負うものとし、無料会員および会員外利用者の責に帰すべき事由により当社または第三者が損害を被った場合、無料会員および会員外利用者はその損害の一切を賠償する責任を負うものとします。

第16条 入館禁止・退場・施設利用制限

当社は次の各号に該当する方に当施設への入館禁止、退場その他当施設の利用制限を命じることができます。

  • 本規約、利用規約および関連諸規則を遵守しない方。
  • 反社会的勢力に該当する方。
  • 当社が、他の施設利用者に迷惑をかけると判断した方。
  • 当施設の従業員の指示に従わない方。
  • 過去に当施設で除名の通告を受けた、または除名処分となったことがある方(除名処分に該当する行為を行い、結果的に自ら退会した方を含む)。
  • 第19条に定める禁止事項に反する行為を行った方。
  • その他当社が当施設の利用を不適切と判断した方。

第17条 損害賠償

  • 会員は、自らの責に帰すべき事由により当施設、当社の提供する機器、資材、付帯設備、什器、備品等を破損・紛失した場合、直ちに当施設に連絡するとともに、当該破損等の修復に要する費用およびこれに伴う拡大損害を賠償するものとします。
  • 会員は、自己の責に帰すべき事由により当社または他の会員その他の第三者に損害を与えた場合、その損害の一切を賠償する責任を負うものとします。

第18条 遺失物の取扱い

当施設内の遺失物・放置物については、原則として2週間保管します。2週間を過ぎても持ち主が名乗り出ない場合には処分させていただきます。

第19条 禁止事項

当施設内および当施設周辺において、会員による次の行為を禁止します。

  • 事前の許可無く、動物を当施設内に持ち込むこと。
  • 当施設の設備・器具・備品その他当社が管理する物品の損壊や持ち出し。
  • 火気を利用すること。
  • 他の利用者や当社従業員、当施設、当社を誹謗、中傷すること。
  • 当社の許可なく当施設において物品の売買、営業行為や勧誘をすること。
  • 営利・非営利を問わず勧誘行為(団体加入の勧誘を含む)や政治活動、署名活動をすること。
  • 他の利用者や従業員に対する暴力行為、脅迫行為等。
  • 痴漢、覗き、露出等の公序良俗に反する行為。
  • 他の利用者や当社従業員に対する待ち伏せ、尾行、執拗な話しかけ等のストーカー行為。
  • 正当な理由なく、面談、電話、その他の方法で当社従業員を拘束する等、当社従業員の業務を妨げる行為。
  • 他の利用者による当施設の利用を妨げる行為。
  • 当施設の秩序を乱す行為。
  • 他の利用者または当社の秘密情報(当施設外において公開されていない情報を言うものとします)を無断で利用し、または第三者に開示、漏洩する行為。
  • 18歳未満の方で22時以降、当施設をご利用すること。
  • その他当社が不適切と判断する行為。

第20条 損害保険への加入

  • DMM.make AKIBA Studioに設置されている機器を使用する会員は、入会申し込み時に当社が別途定める損害保険へ加入される事を承諾するものとします。
  • 保険会社とのやり取りは、当施設の担当者と会員が協力して行うものとします。
  • 機器の利用に関して会員に故意、過失がある場合等、保険が適用されない場合があります。なお、当社は会員の保険適用について保証をするものではありません。

第21条 利用について

会員は、本規約、利用規約、関連諸規則の他、当施設が入居している富士ソフトビルで定められた「富士ソフト秋葉原ビル館内運用マニュアル」を遵守するものとします。

第22条 営業時間

本施設の営業時間はサービス案内にて定めるものとします。

第23条 休館

  • 当社は、次の理由により当施設の全部または一部の会員によるご利用をご遠慮していただくこと(以下「休館」といいます)があります。この場合、会員は当施設の全部または一部をご利用できませんのでご了承下さい。
    • 機器等の不調・破損・メンテナンス等により使用できない場合
    • 機器等を使用できる当社従業員が対応できない場合
    • 法定の定期点検を行う場合
    • 気象状況や災害により、安全に営業を行う事ができないと当社が判断したとき。
    • 行政指導、法令の定め等の事由により、営業を行う事ができないと当社が判断したとき。
    • 館内の改装、設備の改造または修理、その他の工事により営業を行うことができないと当社が判断したとき。
    • 館内でイベント等を行うことにより当社が営業を行うことができないと判断したとき。
    • その他当社が必要と判断したとき。
  • 事前に予定されている休館は、原則として1週間前までに告知します。但し、前項に定める事由による休館その他緊急の必要がある場合については、当社は事前告知を要しないものとします。
  • 当社は、休館により会員が当施設をご利用できない場合であっても、会費のご返金をいたしません。

第24条 施設の閉鎖および運営の廃止

次の事由により、当社は当施設の全部または一部の閉鎖および運営の廃止をすることがあります。

  • 気象、災害等により当施設を閉鎖し、再開が困難と判断したとき。
  • 経営上、運営の継続が困難と判断したとき。

第25条 個人情報保護

  • 当社は、会員の個人情報を別途当社サイト(https://terms.dmm.com/privacy/)に掲示する「個人情報保護に関して」に基づき、適切に取り扱うものとします。
  • 当社は、法人プランを利用している会員の個人情報を、当社が別途定める方法により当該会員が所属する利用法人に開示することができます。

第26条 免責事項

当社は、当施設並びに施設内の設備および機器の利用に起因する事故や怪我、施設内での盗難、情報の窃取等により会員に生じた損害につき、当社に故意または重過失がある場合に限り通常損害の範囲で賠償義務を負うものとします。

第27条 規約の改定

  • 当社は、一定の周知期間を設けることにより、本規約、利用規約、関連諸規則を変更できるものとし、会員はこれを承諾するものとします。
  • 前項の変更は、周知期間の経過により有効となるものとします。

第28条 管轄裁判所

会員と当社の間で紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第29条 準拠法

本規約に関する準拠法は日本法とします。

附則

2014年11月11日 制定・施行

2015年2月2日 改定・施行

2015年4月1日 改定・施行

2015年4月16日 改定・施行

2015年6月15日 改定・施行

2015年8月1日 改定・施行

2015年10月1日 改定・施行

2015年12月10日 改定・施行

2016年2月1日 改定・施行

以上